株価評価ソフトや投資顧問料高いと思う人には無料ソフト

今年に入って日経平均株価は一時20000円の大台を超えました。最近は中国や米国の外部要因等によって18000円台で推移していますが、今後も株式市場は活況を呈することが予想されます。

現在のこうした地合いを利用して、株式投資をしたいと考えている方も多いと思います。とは言え、初心者であればどのように取引するか、優良銘柄はどの株式か、売買の判断はどのように行えば良いかなど、わからないことが多いはずです。確かにプロの投資顧問会社と契約したり、有料の株価評価ソフトを利用すれば良いでしょうが、いかんせん料金が高いというイメージは強いでしょう。事実、投資顧問契約料が月額単位で数万円、株価評価ソフトも高額なものであれば数万円単位でお金がかかります。一方で素人が投資に手を出して資金をすべて溶かしてしまう可能性を考慮すれば、必要経費と割り切ることもできます。ですが、どうしても経費を最小限に抑えたい場合は、無料の株価評価ソフトを利用するという手段もあります。

まず無料ソフトを使用する際に注意したいことは、株式取引のルールやチャートを用いたテクニカル分析、および財務諸表を利用したファンダメンタルズ分析の基本的な事項は身に付けておかなければならないという点です。例えば投資顧問会社と契約を結んだ場合、高い契約料に見合った様々なサービスの提供を受けます。最終的に投資するかしないかの判断は本人が下さなければなりませんが、投資の最終判断に至るまでに、様々なヒントや情報を入手することが出来るわけです。しかし無料ソフトを利用する場合は、こうしたサービスは当然ありません。自分で最低限の株価情報を入手し、分析して判断する必要があります。また株価分析についても、有料版の方が支払う金額が高い分、精度が高いということを留意することが大切です。